• Home
  • グッドデザインしずおか

グッドデザインしずおか 

GOOD DESIGN SHIZUOKA

静岡のモノづくりを、デザインで応援します!

見た目の美しさだけではない戦略的にデザインの要素を取り入れた製品の応募をお待ちしています。

「デザイン」は色や形、技術や機能といった「モノ」だけでなく、仕組みやシステムといった「コト」に広がっており、私たちの生活はデザインに囲まれています。以前からものづくりが盛んな静岡県では、日用品から産業機械まで様々な分野の製品が開発・生産されていますが、近年では、商品の外観はもちろん、パッケージや販促物といったトータルな「モノのデザイン」により新しい使用体験を提供する「コトのデザイン」が増えています。

「グッドデザインしずおか」は、静岡県内の中小企業等が企画段階から流通段階までの間に、戦略的にデザインを活用した製品を選定・顕彰する事業です。

流れ

募集 審査 表彰式・大賞選出 受賞者・応募者へのサポート
5月下旬から7月末頃まで 一次審査(8月下旬頃)、二次審査(9月下旬頃)の2段階で審査します。 各受賞製品を表彰、大賞は当日投票で決定します。(11月上旬頃) アドバイス会への参加やパンフレットの作成など、受賞者支援を行います。

募集

応募者を募集します。

募集対象

県内で開発又は生産している製品(日用品・家電・産業機器設備・建築など、有形のもののデザインで、販売又は販売を予定しているもの)

応募方法

応募票に必要事項を記入のうえ、補足資料を同封し、別記申込先・問合せ先へ持参していただくか、郵便又はE-mailでお送りください。

※応募票(MS Wordファイル)は、静岡県のホームページからもダウンロードできますが、別記問い合わせ先までご連絡いただければお送りします。

費用

応募は無料です。

※二次審査以降の応募品の搬出入等に要する費用および交通費は応募者の負担とします。

審査

一次審査、二次審査の2段階で審査をし、大賞を除く各賞を決定します。

一次審査(例年8月下旬)二次審査(例年9月下旬)
審査員による書類審査
審査員と応募者の質疑応答による審査

審査基準

  •  ○戦略性:製品化の過程や完成品にデザインが戦略的に活用されているか
  •  ○先進性:未来を見据えた斬新な発想や独創性を持った製品であるか
  •  ○ユーザー性:使用者側の視点に立ったものづくり(ユニバーサルデザイン)がされているか
  •  ○審美性:素材の美しさや造形美が表現されているか
  •  ○社会性:環境への配慮や現代のニーズを反映しているか
  •  ○提案性:製品開発コンセプトや使用シーンなどに魅力ある提案がされているか

各賞

  •  ○グッドデザインしずおか 大賞(県知事賞):総合的に評価が最も高いもの【1点】
  •  ○グッドデザインしずおか 金賞:総合的に評価が高いもの【数点】
  •  ○グッドデザインしずおか賞:上記以外の製品で審査員の評価が高いもの【10点程度】
  •  ○ふじっぴー賞:一次審査通過品の中で、展示会(一般公開)の観客からの評価が高いもの【1点】

表彰式・大賞選出

各賞の表彰式を行います。また、金賞受賞者に、製品のプレゼンを行っていただき、審査員及び会場聴講者による投票で、大賞(県知事賞)を選出します。

応募者・受賞者への支援

デザイン個別相談会の実施(対象:応募者)

希望者に対して、デザインの専門家との個別相談が行える機会を設けます(無料)。
商品開発における相談やコトのデザインに関する相談が行えます。

流通アドバイス会(対象:受賞者)

販路開拓の専門家に、個別アドバイスが受けられます。

展示会出展

グッドデザインしずおかの選定品として、首都圏で開催される展示会(東京インターナショナルギフトショーなど)への出展を行います。

各種広報 等

選定品パンフレットやチラシを作成し、広くアピールしていきます。また、グッドデザインしずおか選定品としてパッケージや製品広告に、ロゴマークを活用いただけます。

2017グッドデザインしずおか

本年度の募集については下記ページをご参照ください。

静岡県経済産業部商工業局地域産業課のページ

このページの先頭へ