概要

航空機産業の課題解決等を広域連携で支援します

関東と東海地域の公的試験研究機関では、航空機産業の皆様の課題解決や、中小企業の皆様の航空機産業への参入を支援するため、広域連携により技術サポートを行っています。


航空機用部品・装備品の課題解決を支援する機器

地表から成層圏までの気圧・温度・湿度変化に対する信頼性を評価します。
 減圧恒温恒湿槽    (PDF:1MB)
[あいち産業科学技術総合センター 産業技術センター 電話:0556-24-1841]
・圧力範囲:101.3kPaから0.1kPa
・温度範囲:-70℃から180℃
・湿度範囲:20%RHから95%RH
外観からは確認できない内部欠陥や構造を非破壊で検査します。
 Ⅹ線透視検査装置   (PDF:1MB)
[栃木県産業技術センター 電話:028-670-3396]
・試料サイズ:直径600mm×高さ890mm
・最大視野:200mm×200mm
・最大厚さ:
  アルミニウム(130mm)
  プラスチック(220mm)
・最小識別欠陥:100μm
加工時に蓄積された残留応力を非破壊で測定します。
 Ⅹ線応力測定装置   (PDF:1MB)
[新潟県工業技術総合研究所 下越技術支援センター 電話:025-244-9168]
・試料サイズ:最大高さ 約1100mm
・測定可能な局所領域:1mm×1mm
・マッピング測定に対応
・測定方法:sin2ψ法、並傾法/側傾法
材料から製品までの熱特性を非破壊で測定します。
 サーマルデバイス評価装置   (PDF:1MB)
[長野県工業技術総合センター 電話:026-268-0602]
・熱測定分解能:0.01°C
・時間分解能:1μs
・通電電圧:~150V
・通電電流:~200A
高温度下における材料の伸びや破壊限度などを評価します。
 高温クリープ試験機   (PDF:1MB)
[公益財団法人南信州・飯田産業センター 工業技術センター 電話:0265-52-1630]
・最大試験力:
  50kN(800℃以下)
  20kN (900℃)
・制御温度範囲:
  300℃~900℃
急激な環境温度変化に対する安全性・信頼性を評価します。
 耐温度ストレス性評価試験装置   (PDF:158KB)
[静岡県工業技術研究所 浜松工業技術支援センター 電話:053-428-4154]
・冷熱衝撃試験:
  高温さらし温度範囲 60℃~300℃
  低温さらし温度範囲 -70℃~0℃
・急速温度変化試験:
  温度範囲 -70℃~180℃
  温度変化速度 (上昇)23℃/min
         (下降)18℃/min

航空機産業支援に関する評価技術マップ

航空機の装備品や構成部品に関する技術課題について、 評価技術や支援機器を有する公設試験研究機関は次の「評価技術マップ」から確認できます。

評価技術マップ  (PDF:234KB)


【評価技術マップの見方】

各機関における課題解決事例

装備品 油圧・駆動系応援 構造部材 ・組立
・CFRPの加工技術
・チタン等難削材加工
熱伝導率測定 (PDF:253KB)
着氷試験 (PDF:269KB)
駆動機構 ・軽量材料の開発
・チタン等難削材加工
・高精度部品加工
・小型化設計
形状測定 (PDF:265KB)
電装品類 電装品 ・電子回路の設計
・小型軽量化
・熱設計
・電磁ノイズ対策
表面処理の評価 (PDF:280KB)
発熱測定 (PDF:421KB)
熱伝導率測定 (PDF:243KB)
通信ケーブル ・電子回路の設計
・小型軽量化
・電磁ノイズ対策
・生産性向上
冷熱ストレス試験 (PDF:272KB)
制御システム コンピュータ ・電子回路の設計
・小型軽量化
・熱設計
・電磁ノイズ対策
・高精度制御
信頼性評価試験 (PDF:308KB)
電力供給系 ・耐圧性能
・耐温度
・漏れ
・寸法精度
機体 構造部材・接合部材等 ・軽量材料の開発
・組立
・CFRPの加工技術
アルミ溶接部の非破壊検査 (PDF:225KB)
エンジン 回転部品・固定部品・補器類等 ・難削材の加工
・低摩耗構造の開発
・組立
残留応力測定(1) (PDF:306KB)
残留応力測定(2) (PDF:317KB)