お断り

メールマガジン中の連絡先(住所、電話番号、担当部署・者、URLなど)はメールマガジン発行時のものです。その後の確認はしておりませんのでご了承下さい。

バックナンバーを選択

静岡県工業技術研究所メルマガ No.132

発行日:平成31年3月27日

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■       静 岡 県 工 業 技 術 研 究 所
■   メールマガジン 第132号 E-SIRI NEWS 2019.3.27(Wed.)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■━‥本号の目次‥━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
┃1┃静岡県工業技術情報(2018)No.8、No.9を掲載しました
┃2┃車載機器EMCテストサイト供用開始のお知らせ@浜松
┃3┃マイクロチップレーザ試用プラットフォーム運用開始のお知らせ@浜松
┃4┃静岡県からのお知らせ
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■

■■■ 静岡県工業技術研究所から代表メールアドレスに関する重要なお知らせ ■■■
■ 静岡県工業技術研究所では、平成31年1月より、「@iri.pref.shizuoka.jp」を
■ 含むメールアドレスを廃止いたしました。これに伴い、研究所及び各技術支援センターの
■ 代表アドレスは、「sk-kikaku@pref.shizuoka.lg.jp」となりました。
■ 各種お問合せは、こちらまでよろしくお願いいたします。

┏━ #1 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・
┃ 静岡県工業技術情報(2018)No.8、No.9を掲載しました
┠──────────────────────────────--‥‥‥
イオンクロマトグラフでは、分析可能な試料の性状は水溶液ですが、適切な前処理により、測定したいイオンが溶解した水溶液が得られれば、固体試料を対象にした測定も可能です。本号ではふたつの事例を紹介していますが、前処理方法や測定条件をご提案いたしますのでご相談ください。(静岡県工業技術情報(2018)No.8)
-------------------------------------------
「ステンレスを使ったのにすぐ錆びてしまった。」「海外製の金属材料を使ったら割れてしまった」などの場合に、用途に合っているか、使っている材料を構成する元素の種類や量が正しいかを調べることが問題の解決につながる場合があります。(静岡県工業技術情報(2018)No.9)

■続きはこちらの掲載ページから
静岡県工業技術情報(2018)
  No.8 「(設備紹介)イオンクロマトグラフで大気汚染物質を測る」
  No.9 「(設備紹介)波長分散型蛍光X線分析装置」
     https://www.iri.pref.shizuoka.jp/randd/theme/#info

 当研究所では、多くの皆様が身近に感じ、利用しやすくなるような情報を、「静岡県工業技術情報」をとおして、提供できればと考えております。興味があることや疑問に思うことなどがありましたらご連絡くださいますようお願い申し上げます。皆様の声を反映させた内容を紹介していきたいと思っております。

■連絡先
 静岡県工業技術研究所 企画調整部
 電話:054-278-3028 / ファクシミリ:054-278-3066
 電子メール:sk-kikaku@pref.shizuoka.lg.jp

┏━ #2 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・
┃ 車載機器EMCテストサイト供用開始のお知らせ@浜松
┠──────────────────────────────--‥‥‥

 静岡県では、次世代自動車に対応した電装部品を開発する県内中小企業を支援するため、車載機器のEMC試験に特化したテストサイトの整備を行ってきました。
 現在、浜松工業技術支援センター敷地内に新施設が完成し、供用を開始しています。

※EMC試験とは
  被測定物が、空間やケーブルを通じて外部に放出する電磁ノイズの量や外部から照射された電磁ノイズに対して誤作動しないかを調べる試験

■試験内容
 機械電子科までお問い合わせください。
■問い合わせ先
 静岡県工業技術研究所 浜松工業技術支援センター 機械電子科
 電話:053-428-4155

┏━ #3 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・
┃ マイクロチップレーザー試用プラットフォーム運用開始のお知らせ@浜松
┠──────────────────────────────--‥‥‥
■概要
 浜松工業技術支援センター光科では、平成29年度より内閣府革新的研究開発推進プログラム(ImPACTプログラム)「ユビキタス・パワーレーザーによる安全・安心・長寿社会の実現」に参画してきました。
 このたび本プログラム内で自然科学研究機構分子科学研究所 平等研究室によって開発されたマイクロチップレーザーの試作機が当センターに移設され、試用プラットフォームとして一般に開放されました。
 マイクロチップレーザーを用いた各種加工実験、研究開発に御利用いただけます。
■問い合わせ先
 浜松工業技術支援センター光科 鷺坂芳弘
 電話:053-428-4517
■掲載ページ
 https://www.iri.pref.shizuoka.jp/seminar/event/2215.html

┏━ #4 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・
┃ 静岡県からのお知らせ
┠──────────────────────────────--‥‥‥
////// 経済産業部新産業集積課  //////
○平成31年度 先端企業育成プロジェクト推進事業費補助金のお知らせ
 静岡県は、国立研究開発法人産業技術総合研究所(以下、産総研)が保有する、高度な技術シーズを生かした革新的な技術開発・新製品開発を推進するため、県内企業等が産総研と共同で行う、成長産業分野(環境・新エネルギー、医療・福祉機器、光関連技術)の新技術・新製品の研究開発を支援します。

■補助事業
 成長産業分野において、企業等が産総研と共同研究契約を締結して行う新技術・新製品の研究開発事業(環境新エネルギー、医療・福祉機器、光関連技術に係るもの)
■補助対象者
 以下のいずれにも該当するものとする。
 ア 県内に主たる事務所又は事業所を有し、当該事業所等において補助事業を実施する企業等
 イ 当該補助事業で開発した技術を用いて県内で生産を行う見込みを有する企業等
(売上高が1,000億円未満又は従業員が1,000人未満の企業に限る)
■補助限度額
 中小企業:6,000万円(単年)、9,000万円(複数年合計)
 上記以外:5,000万円(単年)、7,500万円(複数年合計)
■補助率
 中小企業:2/3以内
 上記以外:1/2以内
■補助機関
 3年以内(交付決定通知書に記載する事業開始の日から2022年3月31日まで)
 ※※交付決定及び完了検査は、単年度毎とします。
■対象経費
 原材料費、機械装置購入等経費、産業財産権関連費、外注費、構築物購入等経費、技術コンサルタント料、委託費、その他経費(旅費、消耗品費等)
■申込期限
 2019年5月13日(月曜日)午後5時必着
■問い合わせ先・申し込み先
 〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6
 静岡県経済産業部新産業集積課技術振興班
 電話:054-221-2846 / ファクシミリ:054-221-3615
 電子メール:trc@pref.shizuoka.lg.jp
■ホームページ
https://www.pref.shizuoka.jp/sangyou/sa-520/sentan/h31sentanpjbosyu.html

////// 経済産業部  //////
○「ふじのくに産業だよりSeeds」メールマガジンの御案内
 静岡県経済産業部では、県内の商工業、労働、農林水産業の最新情報をメールマガジンでお届けしています。
 内容は、下記ホームページからご覧いただけます。(直近で配信されたバックナンバーがご覧になれます。)
→https://www.pref.shizuoka.jp/sangyou/sa-30e/

配信を希望される方は、下記アドレスへ会社名、事業所名、担当部署名、お名前及び、配信先をお送りください。
(お知らせいただいた情報は、配信以外の目的には使用しません
 → sangyo-seisaku@pref.shizuoka.lg.jp
■問い合わせ先
 静岡県経済産業部産業革新局産業政策課
  電話:054-221-2635 / ファクシミリ:054-221-2698