お断り

メールマガジン中の連絡先(住所、電話番号、担当部署・者、URLなど)はメールマガジン発行時のものです。その後の確認はしておりませんのでご了承下さい。

バックナンバーを選択

静岡県工業技術研究所メルマガNo.185

発行日:令和3年9月15日

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■       静 岡 県 工 業 技 術 研 究 所
■   メールマガジン 第185号 E-SIRI NEWS 2021. 9. 19( Wed.)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
○新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う対応について
静岡県工業技術研究所及び各工業技術支援センターへの来所につきまして、以下のウェブページを御確認ください。
■(静岡県工業技術研究所)来所での対応について
 https://www.iri.pref.shizuoka.jp/kinkyu/covid-19-raishotaiou.pdf
■(静岡県工業技術研究所)出勤者の削減について
 https://www.iri.pref.shizuoka.jp/kinkyu/covid-19-sakugen.pdf
来所での対応については、静岡県新型コロナウイルス感染症対策本部の定める「警戒レベル」に基づいて対応しています。 お客様へは御迷惑をおかけしますが、御理解、御協力をお願いします。
■静岡県新型コロナウイルス警戒レベル
 https://www.pref.shizuoka.jp/kinkyu/covid-19-keikailevel.html
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

■━‥本号の目次‥━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■
┃1┃令和3年度 静岡県ユニバーサルデザイン・工芸研究会 第2回講習会
┃2┃当研究所の設備・技術等を紹介しています:静岡県工業技術情報(2021)
┃3┃【生産者募集】生産者とデザイナー1対1の相談会を開催します!
┃4┃「ふじのくに次世代自動車ライブラリー」展示一部休止のお知らせ(浜松)
┃5┃機器の使用再開・中止に関するお知らせ
┃6┃静岡県からのお知らせ
┃7┃関係機関からのお知らせ
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■

┏━ #1 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・
┃ 令和3年度 静岡県ユニバーサルデザイン・工芸研究会 第2回講習会
┠──────────────────────────────--‥‥‥
 仕事に関わる安全には、お客様を怪我させないということと、同僚を怪我させないということがあります。この2つのどちらが掛けても経営は成り立ちません。また、事故が起こるような職場では、作業に専念できないため、お客様に良いサービスを提供することができません。
 今回は、労働安全衛生総合研究所 芳司 俊郎氏から、この2つの安全の基本について御講演いただきます。

■開催日時
 令和3年10月1日(金)13時30分 ~ 14時45分
 (Web接続は12時30分から)
■開催方法
 Web会議システムによる配信
■対象
 ユニバーサルデザイン及び工芸関連産業の技術者及び経営者
■内容
 仕事と安全 --- 明るい仕事をするために ---
 講師 独立行政法人 労働安全衛生総合研究所
 新技術安全研究グループ 部長 芳司 俊郎 氏
■参加費
 研究会員は無料
 会員外は1,500円(口座振込:申込後、口座番号をお知らせします。振込手数料は御負担ください。)
■開催概要
 セミナー配信には、Web会議システムを利用します。セミナーをお申込後、視聴に必要な参加URL等をお送りします。
・セミナーへの入室許可は、事前に登録された方のみとなります。
・お申込の際には、必ずE-mailアドレスを御記入ください。
・所定の時間帯のみ配信します。(当日12時30分~13時30分に接続の確認をしてください。)
■申込み
 9月27日(月)までに参加申込書
(https://www.iri.pref.shizuoka.jp/seminar/upfiles/211001_iris_moushikomi.doc)に必要事項を御記入のうえ、E-mailで申込先まで送信してください。
■問合せ先
 静岡県工業技術研究所 ユニバーサルデザイン科
 電話:054-278-3024 / FAX:054-278-3066

┏━ #2 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・
┃ 当研究所の設備・技術等を紹介しています:静岡県工業技術情報(2021)
┠──────────────────────────────--‥‥‥
 工業技術研究所ウェブサイトにて、工業技術情報No.8を新たに掲載しました。
 https://www.iri.pref.shizuoka.jp/randd/theme/#info/
 静岡県工業技術情報(2021)
No.8(技術解説)衝撃荷重に対応した椅子の背もたれの試験方法の提案(New)
No.7(技術解説)光源の発光状態を正確にデータ化するニアフィールド配光測定技術
No.6(技術解説)メタン発酵性能試験について
No.5(事業紹介)繊維ものづくり技術支援
No.4(事業紹介)オンラインでの遠隔技術相談について
No.3(事業紹介)デザインマッチング事業
No.2(設備紹介)波長分散型蛍光X線分析装置
No.1(設備紹介)微小部蛍光X線分析装置
「静岡県工業技術情報」では、多くの皆様が当研究所を身近に感じ、利用しやすくなる情報を提供したいと考えております。興味があることや疑問に思うことなどがありましたら、御連絡くださいますようお願い申し上げます。
皆様の声を反映した内容を紹介していきたいと思っております。
■連絡先
 静岡県工業技術研究所 企画調整部
 電話:054-278-3028 / FAX:054-278-3066
 電子メール:sk-kikaku@pref.shizuoka.lg.jp

┏━ #3 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・
┃ 【生産者募集】生産者とデザイナー1対1の相談会を開催します!
┠──────────────────────────────--‥‥‥
 デザイナーと共同で仕事をする機会を提供するために相談会を実施します。
 静岡県に拠点を構える生産者の方であればどなたでも参加できます。

■開催期間
 令和3年6月21日~令和4年2月18日のうち希望する日時
■開催方法
 生産者の希望する場所にて対面またはweb会議システム
■お申込方法
 パソコンやスマートフォンからふじのくに電子申請サービスにアクセスしてお申込ください
 https://s-kantan.jp/pref-shizuoka-u/offer/offerList_detail.action?tempSeq=4137
 ※申込方法がご不明な場合は下記までお問合せください
■ウェブサイト
 https://www.iri.pref.shizuoka.jp/dis/event/2596.html
■問合せ先
 静岡県工業技術研究所 ユニバーサルデザイン科
 電話:054-278-3024
 電子メール:sk-ud@pref.shizuoka.lg.jp

┏━ #4 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・
┃ 「ふじのくに次世代自動車ライブラリー」展示一部休止のお知らせ(浜松)
┠──────────────────────────────--‥‥‥
 浜松工業技術支援センターの「ふじのくに次世代自動車ライブラリー(電気自動車日産リーフの分解展示)」の展示品の一部は、下記の期間御覧いただくことができません。御理解いただきますよう、お願いいたします。

■期間
 令和3年9月30日(木)から令和3年10月12日(火)
■御覧いただけない物
 2017型 日産リーフZAA-ZE1の分解部品の全て
 2010型 日産リーフZAA-ZE0の分解部品の一部(セル、モジュール、モジュールケース、サービスプラグ、ジャンクションボックス、LBC)
■展示を継続する物
 2010型 日産リーフZAA-ZE0の分解部品の一部(上記以外の部品 モーター、インバーター等)
■問合せ先
 浜松工業技術支援センター 材料科
 電話:053-428-4156

┏━ #5 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・
┃ 機器の使用再開・中止に関するお知らせ
┠──────────────────────────────--‥‥‥
■使用を再開した機器
・ニアフィールド配光測定装置 PM-NFMS400 他(コニカミノルタジャパン製)
 問合せ先:照明音響科(電話:054-278-3027)
■使用を中止している機器
////// 工業技術研究所(本所) //////
・走査電子顕微鏡 S-3700(日立ハイテクノロジーズ製)
 問合せ先:金属材料科(電話:054-278-3025)
・塩乾湿浸漬複合サイクル試験機 CCT-2L(スガ試験機製)
 問合せ先:金属材料科(電話:054-278-3025)
・触針式表面粗さ形状測定機 フォームタリサーフ PGI840(テーラーホブソン製)
 問合せ先:機械電子科(電話:054-278-3027)
////// 沼津工業技術支援センター //////
・真円度測定機 タリロンド TR265RSU(テーラーホブソン製)
 問合せ先:機械電子科(電話:055-925-1103)
・マイクロプレートリーダー インフィニット M200N(テカンジャパン製)
 問合せ先:バイオ科(電話:055-925-1101)
・ロックウェル硬度計 ARK-F2000(明石製作所製)
 問合せ先:機械電子科(電話:055-925-1104)

┏━ #6 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・
┃ 静岡県からのお知らせ
┠──────────────────────────────--‥‥‥
////// 経済産業部産産業政策課  //////
 「ふじのくに産業だよりSeeds」メールマガジンの御案内
 静岡県経済産業部では、県内の商工業、労働、農林水産業の最新情報をメールマガジンでお届けしています。
 内容は、下記ホームページからご覧いただけます。(月初更新)
→https://www.pref.shizuoka.jp/sangyou/sa-030e/
 配信を希望される方は、下記アドレスへ会社名、事業所名、担当部署、お名前及び、配信先をお送りください。
(お知らせいただいた情報は、配信以外の目的には使用しません)
→ sangyo-seisaku@pref.shizuoka.lg.jp
■問合せ先
 静岡県 経済産業部 政策管理局 産業政策課
 電話:054-221-2635 / FAX:054-221-3217

┏━ #7 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・
┃ 関係機関からのお知らせ
┠──────────────────────────────--‥‥‥
////// 静岡県環境保全協会 //////
7-1 第10回排水処理セミナー
 今年で10回目を数える排水処理技術セミナーをWEB会議システムを利用した配信により開催します。
 今回は、不適正処理で社会問題になっている凝集剤を使用した凝集処理に関する基礎から応用までを御紹介します。また、前々回から始まった基礎講座「排水処理技術の原理と処理方法の基礎」の第3回目として、「凝集処理の実務と適正処理」の内容で企画しました。奮って御参加ください。

■日時
 令和3年9月29日(水)13時30分~16時00分
■開催方式
 WEB会議システムによる配信
■定員
 100名(定員となり次第締め切ります。)
■参加費
 無料
■プログラム
 開始 13:30
 講演1:13:40~14:40(60分)
 「排水処理に関する最近の課題と応用~凝集沈殿~」
 講師:栗田工業(株)ソリューション推進本部技術部門
 水処理サポートプロジェクトグループ 大木 康充 氏
 講演2:14:50~15:50(60分)
 「排水処理技術の原理と処理方法の基礎 第3回:凝集処理の実務と適正処理」
 講師:井辺技術士事務所 代表 井辺 博光 氏
■ウェブサイト
 https://www.iri.pref.shizuoka.jp/seminar/event/2632.html
■申込み先・問合せ先
 申込期限:令和3年9月21日(火)
 申込先:静岡県環境保全協会 事務局(担当:繁村、畔柳)
 問合せ:054-254-9663(電話)
 申込方法の詳細については、以下のチラシを御確認ください。
 https://www.iri.pref.shizuoka.jp/seminar/upfiles/210929_iris_annai.pdf

////// 静岡大学イノベーション社会連携推進機構 //////
7-2 科学技術イノベーションの新たな潮流 ―世界で動き始めたジェンダー視点―
 ジェンダード・イノベーションとは、スタンフォード大学のロンダ・シービンガー教授が提唱した、科学や技術、政策に性差分析を取り込むことにより、新たな視点を見いだし、真のイノベーションを創出するという考え方です。しかし、現在の日本では、ジェンダード・イノベーションの認識はまだ浅いです。イノベーション創出は地域の活性化のために重要な課題であり、新たなジェンダーの視点を取り入れた多くの取り組みを紹介していただき、地域企業や研究者と一緒にジェンダード・イノベーションについて御議論ください。

■日時
 令和3年9月30日(木)14時00分~15時00分
■講師
 国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST) 副理事 渡辺 美代子 氏
■開催方法
 Zoomによるオンライン開催
■プログラム
 14:00~14:05 開会挨拶
 男女共同参画推進室長  本橋令子教授
 14:05~15:50 講演
 「科学技術イノベーションの新たな潮流 ―世界で動き始めたジェンダー視点―」
 科学技術振興機構 副理事 渡辺 美代子 氏
 14:50~15:00 質疑応答
 15:00 閉会挨拶
 男女共同参画推進室長  本橋令子教授
■申込方法
 下記申込フォームより申込みをお願いします。
 https://forms.office.com/r/jPFPDfn6YM
■申込期限
 令和3年9月21日(火)

////// 東京都立産業技術研究センター //////
7-3 都産技研を「知る」そして「つながる」オンラインイベント『TIRIクロスミーティング2021』開催
 『TIRIクロスミーティング』は、中小企業の皆さまに、都産技研および連携機関の最新技術シーズを発表するマッチングイベントです。
 今年は完全オンライン配信により、1か月間いつでもすべての発表テーマを御覧いただけます。

■開催日時
 令和3年9月15日(水)~10月15日(金)
■会場
 オンライン(オンデマンド配信)
■参加費
 無料
■参加方法
 「TIRIクロスミーティング2021」ウェブサイトからの登録制
 お申し込みは以下のURLから登録可能です。
 https://cm2021.iri-tokyo.jp?utm_source=newsletter&utm_medium=email&utm_campaign=tkf1
■プログラム
 今話題の4つのテーマに関する基調講演を1週間ごとに配信
 【1週目:SDGs】 9月15日(水)~ 9月24日(金)
 「中小企業がSDGsに取組むメリット」
  進藤技術事務所 所長 進藤 勇治 氏
 【2週目:中小製造業】 9月24日(金)~ 10月1日(金)
 「中小製造業の未来 ~ 小売業との新たな連携に活路」
  亜細亜大学 都市創造学部 教授 後藤 康浩 氏
 【3週目:AI・IoT】 10月1日(金)~ 10月8日(金)
 「中小企業はAI・IoTとどう向き合えばいいのか」
  株式会社ブライトビジョン 代表取締役社長 増倉 孝一 氏
 【4週目:食品】 10月8日(金)~ 10月15日(金)
 「食品産業における技術開発と製品価値の関係について」
  早稲田大学大学院 経営管理研究科 教授 長内 厚 氏
■問合せ先
 TIRIクロスミーティング2021事務局 株式会社ウエンズ内
 電話:03-6403-4602
 電子メール:info@cm2021.iri-tokyo.jp