お断り

メールマガジン中の連絡先(住所、電話番号、担当部署・者、URLなど)はメールマガジン発行時のものです。その後の確認はしておりませんのでご了承下さい。

バックナンバーを選択

静岡県工業技術研究所メルマガ No.130

発行日:平成31年2月18日

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■       静 岡 県 工 業 技 術 研 究 所
■   メールマガジン 第130号 E-SIRI NEWS 2019.2.15(Fri.)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■━‥本号の目次‥━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
┃1┃研究成果発表会のお知らせ@静岡&富士
┃2┃車載機器EMCテストサイト供用開始のお知らせ@浜松
┃3┃静岡県工業技術情報(2018)No.6、No.7を掲載しました
┃4┃「元素分析」技術講演会@静岡
┃5┃第31回プラスチック成形技術講習会@静岡
┃6┃食品産業へのAI・IoTを活用した人材不足対策セミナー@静岡
┃7┃マイクロチップレーザ試用プラットフォーム運用開始のお知らせ@浜松
┃8┃試験研究機器使用再開・中止のお知らせ
┃9┃静岡県からのお知らせ
┃10┃関係機関からのお知らせ
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■

■■■ 静岡県工業技術研究所から代表メールアドレスに関する重要なお知らせ ■■■
■ 静岡県工業技術研究所では、平成31年1月より、「@iri.pref.shizuoka.jp」を
■ 含むメールアドレスを廃止いたします。これに伴い、研究所及び各技術支援センターの
■ 代表アドレスは、「sk-kikaku@pref.shizuoka.lg.jp」となります。
■ 各種お問合せは、こちらまでよろしくお願いいたします。

┏━ #1 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・
┃ 研究成果発表会のお知らせ@静岡&富士
┠──────────────────────────────--‥‥‥

 静岡県工業技術研究所では、日頃行われている研究の成果発表会を行っています。例年、3月に静岡及び富士にて行われていますが、本年度の日程が決まりましたのでお知らせします。今後も、メールマガジン、ホームページにおいて詳細をお知らせいたします。

 ○平成30年度 静岡県工業技術研究所研究発表会
  ■日時:平成31年3月11日(月曜日)午前10時00分から午後5時00分
      (受付開始:午前9時30分)
  ■場所:静岡県コンベンションアーツ 「グランシップ」 10階(静岡市駿河区東静岡2-3-1)
  ■参加費:無料
  ■申し込み方法など詳細はホームページをご確認ください。
    https://www.iri.pref.shizuoka.jp/seminar/event/2258.html

 ○平成30年度 富士工業技術支援センター研究発表会
  ■日時:平成31年3月7日(木曜日)午後1時25分から午後5時00分
      (受付開始:午後1時00分)
  ■場所:富士工業技術支援センター 大研修室(富士市大渕2590-1)
  ■参加費:無料
  ■申込方法等については、ホームページよりご確認ください。
    https://www.iri.pref.shizuoka.jp/seminar/event/2256.html

┏━ #2 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・
┃ 車載機器EMCテストサイト供用開始のお知らせ@浜松
┠──────────────────────────────--‥‥‥

 静岡県では、次世代自動車に対応した電装部品を開発する県内中小企業を支援するため、車載機器のEMC試験に特化したテストサイトの整備を行ってきました。
 現在、浜松工業技術支援センター敷地内に新施設が完成し、供用を開始しています。

※EMC試験とは
  被測定物が、空間やケーブルを通じて外部に放出する電磁ノイズの量や外部から照射された電磁ノイズに対して誤作動しないかを調べる試験

■試験内容
 機械電子科までお問い合わせください。
■問い合わせ先
 静岡県工業技術研究所 浜松工業技術支援センター 機械電子科
 電話:053-428-4155

┏━ #3 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・
┃ 静岡県工業技術情報(2018)No.6、No.7を掲載しました
┠──────────────────────────────--‥‥‥

注染に用いられる防染糊は、職人の経験を基に海藻や亜鉛などを配合して製造されてきました。しかし、近年、気候変動の影響で海藻の収穫量が不安定となり価格が高騰していることや、環境負荷物質の亜鉛を使用していることから、従来の防染糊に変わる新たな防染糊の開発が求められています。(静岡県工業技術情報(2018)No.6より)
-------------------------------------------
こんにゃくは低カロリーで食物繊維が豊富なことから、肥満予防、糖尿病予防、便秘改善などの健康増進効果を持った食材の一つです。
日本には古くから親しまれてきた伝統食品ですが、、、(静岡県工業技術情報(2018)No.7より)

■続きはこちらの掲載ページから
静岡県工業技術情報(2018)
  No.6 「(技術解説)低環境負荷の注染用防染糊の開発」
  No.7 「(支援紹介)乾燥こんにゃく素材の開発」
     https://www.iri.pref.shizuoka.jp/randd/theme/#info

 当研究所では、多くの皆様が身近に感じ、利用しやすくなるような情報を、「静岡県工業技術情報」をとおして、提供できればと考えております。興味があることや疑問に思うことなどがありましたらご連絡くださいますようお願い申し上げます。皆様の声を反映させた内容を紹介していきたいと思っております。

■連絡先
 静岡県工業技術研究所 企画調整部
 電話:054-278-3028 / ファクシミリ:054-278-3066
 電子メール:sk-kikaku@pref.shizuoka.lg.jp

┏━ #4 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・
┃ 「元素分析」技術講演会@静岡
┠──────────────────────────────--‥‥‥
■日時
 平成31年2月25日(月曜日)午後1時00分から午後4時30分
 (受付 午後0時40分から)
■会場
 静岡県工業技術研究所 講堂 (静岡市葵区牧ヶ谷2078)
■講演
 波長分散型蛍光X線分析装置ZSX Primus Ⅳを用いた分析事例
   株式会社リガク X線機器事業部 SBU WDX大阪分析センター 児玉憲治 氏
 燃焼・赤外吸収法 固体中炭素・硫黄分析装置EMIAシリーズの原理・特徴とアプリケーション事例の紹介
   株式会社堀場テクノサービス分析本部 阪口真以 氏
■定員
 80名
 ※※受講票は発行いたしません。定員超過の場合のみ御連絡いたします。
■参加費
 無料
■申込方法
 平成31年2月22日(金曜日)までに、申込書に必要事項をご記入の上、ファクシミリまたは電子メールにてお申込みください。
■申し込み先・問い合わせ先
 静岡県工業技術研究所 金属材料科 萱沼
 電話:054-278-3025 / ファクシミリ:054-278-3066
 電子メール:sk-kinzoku@pref.shizuoka.lg.jp
■ホームページ
 https://www.iri.pref.shizuoka.jp/seminar/event/2262.html

┏━ #5 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・
┃ 第31回プラスチック成形技術講習会@静岡
┠──────────────────────────────--‥‥‥
■日時
 平成31年2月27日(水曜日)午後1時30分から午後4時15分
■会場
 静岡県工業技術研究所 講堂(静岡市葵区牧ヶ谷2078)
■内容
 最新射出成形機の特徴と成形技術
  東芝機械株式会社 射出成形機技術部 営業技術担当 桃野政道 氏
 成形不良の発生機構と対策
  本間技術士事務所 本間精一 氏
■定員
 30名
■参加費
 3,000円
 ※※当日受付でお支払いください。
 ※※なお、静岡県プラスチックス技術研究会会員企業の参加者は研究会で負担します。
■申込方法
 申込書にて、2月22日(金曜日)までに、ファクシミリにてお申込みください。
 ※※参加賞は発行しません。
 ※※お断りする場合のみ、事務局より御連絡いたします。
■申し込み先・問い合わせ先
 〒421-1298 静岡市葵区牧ヶ谷2078 静岡県工業技術研究所 化学材料科内
 静岡県プラスチックス技術研究会事務局(担当:志田、杉山)
 電話:054-278-3025 / ファクシミリ:054-278-3066
 電子メール:sk-kagaku@pref.shizuoka.lg.jp
■ホームページ
 https://www.iri.pref.shizuoka.jp/seminar/event/2261.html

┏━ #6 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・
┃ 食品産業へのAI・IoTを活用した人材不足対策セミナー@静岡
┠──────────────────────────────--‥‥‥
■日時
 平成31年3月8日(金曜日)
  研修会:午後1時00分から午後5時00分
  交流会:午後5時15分から午後6時45分
■会場
 研修会:アクトシティ浜松研修交流センター 51研修交流室(浜松市中区中央3-9-1)
 交流会:マイン・シュロス(浜松市中区中央3-8-1)
■内容
 (1)小規模食品工場で導入可能なIoTと事例の紹介
       ハセガワITプロデュース 代表 長谷川徹 氏
 (2)AI(人工知能)やIoT(もののインターネット)で産業や会社が変わる?!
       株式会社アンティー・ファクトリー 代表取締役 中川直樹 氏
 (3)食品産業へのロボット導入による過酷作業人員の削減と投資効果事例
       株式会社バイナス 取締役営業部長 下間 篤 氏
 (4)多品種少量生産型の食品製造業における生産性向上のためのマネージメント思考
       テクノバ株式会社 代表取締役 弘中泰雅 氏
         (食品産業生産性向上フォーラム企画検討委員長)
■会費
 研修会:無料
 交流会:4,500円
■定員
 60名   ※※定員になり次第、締切となります。
■申込方法
 平成31年3月5日(火曜日)までに、参加申込書に必要事項をご記入の上、ファクシミリまたは電子メールにてお申込みください。
■申し込み先・問い合わせ先
 静岡県工業技術研究所 食品科内 静岡県食品技術研究会 事務局 杉本
 電話:054-278-3026 / ファクシミリ:054-278-3066
 電子メール:sk-syokuhin@pref.shizuoka.lg.jp
■ホームページ
 https://www.iri.pref.shizuoka.jp/seminar/event/2260.html

┏━ #7 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・
┃ マイクロチップレーザー試用プラットフォーム運用開始のお知らせ@浜松
┠──────────────────────────────--‥‥‥
■概要
 浜松工業技術支援センター光科では、平成29年度より内閣府革新的研究開発推進プログラム(ImPACTプログラム)「ユビキタス・パワーレーザーによる安全・安心・長寿社会の実現」に参画してきました。
 このたび本プログラム内で自然科学研究機構分子科学研究所 平等研究室によって開発されたマイクロチップレーザーの試作機が当センターに移設され、試用プラットフォームとして一般に開放されました。
 マイクロチップレーザーを用いた各種加工実験、研究開発に御利用いただけます。
■問い合わせ先
 浜松工業技術支援センター光科 鷺坂芳弘
 電話:053-428-4517
■掲載ページ
 https://www.iri.pref.shizuoka.jp/seminar/event/2215.html

┏━ #8 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・
┃ 試験研究機器使用再開・中止のお知らせ
┠──────────────────────────────--‥‥‥
//////////  使用を再開した機器 ///////////
■静岡県工業技術研究所 本所
 ○機器名:音響透過損失・残響室法吸音率測定システム
 ●問合先:照明音響科 電話:054-278-3027

//////////  使用を中止した機器 ///////////
■静岡県工業技術研究所 本所
 ○機器名:新家具総合試験機
 ●問合先:工芸科 電話:054-278-3024

┏━ #9 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・
┃ 静岡県からのお知らせ
┠──────────────────────────────--‥‥‥
////// 経済産業部  //////
○「ふじのくに産業だよりSeeds」メールマガジンの御案内
 静岡県経済産業部では、県内の商工業、労働、農林水産業の最新情報をメールマガジンでお届けしています。
 内容は、下記ホームページからご覧いただけます。(直近で配信されたバックナンバーがご覧になれます。)
→https://www.pref.shizuoka.jp/sangyou/sa-30e/

配信を希望される方は、下記アドレスへ会社名、事業所名、担当部署名、お名前及び、配信先をお送りください。
(お知らせいただいた情報は、配信以外の目的には使用しません
 → sangyo-seisaku@pref.shizuoka.lg.jp
■問い合わせ先
 静岡県経済産業部産業革新局産業政策課
  電話:054-221-2635 / ファクシミリ:054-221-2698

┏━ #10 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・
┃ 関係機関からのお知らせ
┠──────────────────────────────--‥‥‥
////// 静岡県産業振興財団  //////
○平成31年度 しずおか農商工連携基金事業助成金 二次募集について
 公益財団法人静岡県産業振興財団では、静岡県、中小企業基盤整備機構と共同で総額10億円の「しずおか農商工連携基金」を造成し、地域産業の活性化をはかるため、中小企業者と農林漁業者が連携して行う、新商品の開発・販路開拓・省エネ等への取組に対して助成金を交付する「しずおか農商工連携基金助成事業」実施します。
■対象者
 中小企業者と農林漁業者の連携体であって、連携体の代表者の主たる事務所、事業所又は住所が静岡県内である者
■対象事業
 新商品・新サービス開発事業、販路開拓事業、省エネルギー等対策事業
■助成額
 200万円以内
■助成期間
 1年以内(交付決定日より2020年2月末日まで)
■申請期限
 平成31年3月15日(金曜日)正午必着
  ※※ヒアリングを平成31年3月8日(金曜日)までに受けてください。
■問い合せ先
 公益財団法人静岡県産業振興財団 研究開発支援チーム
 電話:054-254-4512
■ホームページ
 http://www.ric-shizuoka.or.jp/noshoko/