熱ストレスによる信頼性評価技術セミナー
温度ストレスによる電子部品の加速劣化試験について


1 日時平成28年3月17日(木曜日)13時30分から15時30分
(受付開始は13時00分)
2 会場浜松工業技術支援センター 大研修室
(浜松市北区新都田1-3-3 電話053-428-4154)
3 内容
13時30分から15時30分
加速試験の考え方と高速温度変化・高温熱衝撃試験による
電機・電子部品の加速劣化評価について
エスペック株式会社[法人番号7120001059661]
テストコンサルティング本部 試験2部
部長 青木 雄一 氏
 電機・電子部品等の耐久性や信頼性を評価する方法として温度ストレスによる加速試験が実施されている。航空機用途や市場のグローバル化に伴い、要求される試験条件も過酷なものが必要とされている。現在、電力損失や耐圧・熱伝導性に優れたSiCを用いた次世代パワー半導体の登場により、今まで以上に高温度下での耐久性が求められている。そこで、従来の熱衝撃試験規格と異なる高温条件で耐久試験を実施する必要がでてきた。
 本講演では、加速試験の考え方と高速温度変化や高温熱衝撃試験機による環境試験の規格や試験法を紹介するとともに、信頼性試験の実例や加速効果等について解説する。

4 定員50
※定員超過の場合のみご連絡します)
5 参加費無料
6 申込方法参加申込票に必要事項をご記入の上、FAXまたはE-mailにて、3月14日(月曜日)までに、お申込みください。

○○申し込み先○○浜松工業技術支援センター
繊維高分子材料科 担当 鈴木
FAX 053-428-4160
E-mail h-seni@pref.shizuoka.lg.jp

7 備考参加申込票