富士工業技術支援センターでは、CNFやCNF複合材を評価する各種の機器を整備しております。所有する機器について、より多くの県内企業等の方々に理解を深めていただくため、実習を行います。今年度は、企業からのニーズの高いマイクロX線CT装置、原子間力顕微鏡及び、令和元年9月に導入した液中分散安定性評価装置の3機器を対象としています。御興味のある方はぜひ御参加いただきますよう案内申し上げます。

1 日  時

令和3年3月1日(月)から3月31日(水)

2 会  場

富士工業技術支援センター(富士市大渕2590-1)

3 参 加 費

無料

4 内  容

講 師:CNF科職員

下記の3つの装置(選択)について、1企業単位で実習を行います。
①マイクロX線CT装置(リガク製nano3DX)
  CNF複合材中のCNF分散状態等の評価
②原子間力顕微鏡AFM(日立ハイテクサイエンス製AFM5500M)
  CNF等の形状評価
③液中分散安定性評価装置(FORMULACTION社製Turbiscan Lab Expert)
  沈降法によるCNF水分散体等の分散安定性評価

実習時間:半日程度 ※企業によって異なります。御希望、内容に応じて調整します。

・企業ごとの個別実習です。御希望の試料がある場合は御相談ください。
・装置の空き状況や職員の対応状況により、お申込みをお受けできない場合があります。
・コロナ感染防止のため、体調不良などの場合実習をお断りすることがあります。また、体温測定、マスク着用、手指の洗浄等の感染予防対策を徹底していただくようお願い致します。
・同時期に、当センターおよび富士市による「CNF実践セミナー」を開催いたします。日程の最終日に上記3つの機器全体の実習を行いますので、こちらも御検討下さい。

※当実習との違いについて
 当実習:     企業ごとの個別実習(1機器の実習)
 CNF実践セミナー:当センターで用意した試料を使用した概要的な実習
          (3機器の実習)

5 申込み方法

 「申込書」[DOC:43KB]又は必要事項を記入した内容について、メール又はFAXでお申し込みください。


6 申込み先

富士工業技術支援センター CNF科 (担当:大竹)
メール:fk-cnf@pref.shizuoka.lg.jp
電話 0545-35-5190 Fax. 0545-35-5195


  開催案内はこちらです。

開催案内[DOC:43KB]