この装置は、「平成28年度 国補正事業 地域新成長産業創出促進事業」により導入した機器です。


 通信デバイス評価システム − ベクトルネットワークアナライザ ー
  


写真:本体及び測定風景
[左]E5061B/3L5「中・短波帯用自作ループアンテナ特性評価の様子」
[右]E5071C「試作高速伝送路の信号電装特性評価の様子」
1.機器の概要
本機器は、通信デバイスや電子回路の信号入出力部における透過・反射電力やインピーダンス等の周波数特性を測定・解析する機器です。
各種センサ用部品から大容量高速通信デバイスまでが測定対象となるので、周波数範囲が5Hzから3GHz(2ポート、インピーダンス解析機能付)と300kHzから20GHz(4ポート)の2機種をそろえました。
2.機器の仕様
(1)型番:E5061B/3L5(キーサイト・テクノロジー合同会社 製) ●周波数範囲:5Hzから3GHZ ●テストポート:2ポート、N型、ゲインフェーズ(1MΩ)有 ●Sパラメータテストセット:内蔵 ●校正キット:機械式(50Ω) ●その他:タイムドメイン解析、インピーダンス解析機能、テストフィクスチャー(リード付コンポーネント用、LCR)
(2)型番:E5071C(キーサイト・テクノロジー合同会社 製) ●周波数範囲:300kHzから20GHZ ●テストポート:4ポート、3.5mm型、バイアスティー付 ●Sパラメータテストセット:内蔵 ●校正キット:電子式(50Ω) ●その他:タイムドメイン解析
3.お問合せ先
浜松工業技術支援センター 電子科 / 電話:053-428-4158