浜松工業技術支援センター 光科は、平成29年度より内閣府革新的研究開発推進プログラム(ImPACTプログラム)「ユビキタス・パワーレーザーによる安全・安心・長寿社会の実現に参画してきました。
 このたび本プログラム内で自然科学研究機構分子科学研究所 平等研究室によって開発されたマイクロチップレーザーの試作機が当センターに移設され、試用プラットフォームとして一般に開放されました。マイクロチップレーザーを用いた各種加工実験、研究開発にご利用いただけます。
 多くのご利用をお願いいたします。
1 マイクロチップレーザーの仕様
以下の2仕様に切り替えて使用できます。(段取りには半日程度かかります)
波長パルス幅パルスエネルギー繰返し周波数偏光特性
仕様11,064nm700ps100mJ10Hz直線偏光
仕様21,064nm700ps2.5mJ100Hz直線偏光
2 使用料
平成30年度内は無料。次年度以降は使用料が定められる予定です。
3 利用条件
どなたでもご利用できます。
※※ImPACT参画機関以外の方はImPACTの審査が必要となります。
※※平成30年度中はご利用内容を公開させていただきます。
4 お問い合わせ先
浜松工業技術支援センター 光科 鷺坂芳弘(さぎさかよしひろ)
電話:053-428-4157
5 関連リンク
ImPACTプログラム:
http://www.jst.go.jp/impact/index.html
ユビキタス・パワーレーザーによる安全・安心・長寿社会の実現:
http://www.jst.go.jp/impact/sano/index.html